top of page

biography

​日本語版は下にあります。スクロールしてご覧下さい

Timothy Carter has performed in varied roles as an orchestral soloist, recitalist, orchestra member, and chamber musician throughout Europe, Asia, and The United States.

He developed a fascination with classical music from an early age, which led to studies at The Juilliard School during his high school and college years. Throughout his years as a student, Tim performed at numerous venues and music festivals throughout the world, such as the Kyoto Japan International Music Students Festival, Lincoln Center Festival, Tanglewood, and Marlboro.  Upon finishing his studies in New York, Tim joined the Nagoya Philharmonic and performed throughout Japan as their Principal Clarinetist from 2007-2009.  During his time in Nagoya, he collaborated many times with members from The Vienna Philharmonic (Toyota Master Players) at Orchard Hall in Tokyo.  He has also played as a guest Principal clarinetist with many top Tokyo orchestras, including The New Japan Philharmonic Orchestra and The Kioi Sinfonietta Tokyo.  As a solo clarinetist, Tim has received top prizes and awards from high volume participant international music competitions in Japan and Europe, capturing the 2nd prize at Japan's 24th Wind and Percussion Competition “Kanda,” the 2nd prize at Germany's Freiburg International Music Competition, and a unanimous 1st Prize at Japan Clarinet Association’s “Japan Clarinet Competition.”

Recent concerts have included performances as a soloist and chamber musician throughout Japan, China, and The United States.  As a solo player, in addition to the standard classical clarinet repertoire, Tim is interested in developing multi-media performances and is also keen to create new arrangements for clarinet, based on inspiring and iconic classical works. He released the album, “Clarinet Reinventions,” which is a compilation of new and familiar arrangements for the clarinet that quickly became popular throughout Japan.

​Tim resides near Tokyo, Japan and teaches music classes and clarinet at international schools and is Assistant Professor of Clarinet at J.F. Oberlin University in Tokyo.  Equally passionate about music education and fostering the dreams and growth of the next generation of musicians, Tim has taught abundantly at the university level, and master classes and clinics internationally, including at Kurashiki Sakuyo University, The British School in Tokyo, Kunitachi Ongakuin, and Nagoya University of the Arts.

ティモシーカーター 

アメリカ東海岸のメイン州で生まれる。幼少期よりクラシック音楽に興味を抱くようになり、高校・大学とジュリアード音楽院に進む。在学中、ソリスト、室内楽奏者、またオーケストラのクラリネット奏者として、アメリカ・ヨーロッパ・日本など世界各地で演奏する。 その中には、京都国際音楽学生フェスティバル、タングルウッド音楽センター、マルボロを含む数々の公演も含まれる。卒業後、名古屋フィルハーモニー交響楽団に入団。2007年から2009年まで、首席クラリネット奏者を務める。在籍中に、名古屋フィルハーモニー交響楽団、ウィーンフィルハーモニーの演奏者と渋谷オーチャードホールにて3度共演(トヨタ マスター プレイヤーズ)。その後、新日本フィルハーモニー交響楽団、紀尾井シンフォニエッタ東京等、様々な日本のオーケストラとゲスト首席クラリネットとして演奏。第24回日本管打楽器コンクール第2位入賞など数々のコンクールに入賞。また、ドイツのフライブルク国際音楽コンクール第2位入賞など数々のコンクールに入賞。そして、日本クラリネット協会主催の第8回日本クラリネットコンクール第1位。

 現在は神奈川に住み、桜美林大学にてクラリネットの指導を行う。最近では日本のみならずアメリカや中国でもクラシックソリストや室内楽奏者として招聘され、活発な演奏活動を行っている。 またソロ奏者として、一般的なクラリネットのレパートリーのみならず、「マルチメディア」かつ「クラシックのクロスオーバー」な演奏会の開発にも注目している。さらに、クラシックの象徴的かつ感動的な作品の、クラリネットのための新しい編曲を自ら行っている。

幾多のクラシックから選曲した名曲を収録したアルバム「CLARINET REINVENTION(クラリネット再発見)」(FOCD9720)をリリースし、大きな話題となっている。このアルバムでは土居里江(Pf.)との絶妙なアンサンブルが聴きどころとなっており、クラリネットとピアノの新たな魅力を2人のぴったりと息の合った演奏で最大限に引き出している。

https://www.amazon.co.jp/クラリネット再発見-ティモシー・カーター/dp/B01I159M7W/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1492356478&sr=8-1&keywords=clarinet+reinvention

蒂莫西·卡特,美国著名单簧管演奏家,先后就职于多个欧美著名交响乐团、室内乐团,并作为独奏家在北美、欧洲、亚洲享誉盛名。卡特2002年毕业于美国茱莉亚音乐学院,并于2007-2009年任职于名古屋爱乐乐团首席。卡特先后获得诸多国际大赛奖项,比如日本的神田国际音乐比赛(2007年)一等奖,德国弗赖堡国际音乐比赛(2009年)二等奖,茱莉亚音乐学院威廉·舒曼奖、管乐杰出演奏奖,日本国际单簧管协会一等奖。他还先后受聘任教于多个国际音乐节,有Marlboro音乐节, Tanglewood 音乐节, 鲍德温音乐节, Yellow Barn音乐节,林肯音乐中心夏季音乐节等。他还曾多次与维也纳爱乐乐团合作演出。近日,卡特受邀正式出任仓敷音乐大学单簧管助理教授。

bottom of page